エネルギーについて

COLUMN

今さら聞けない脱炭素先行地域とは?【北海道の脱炭素先行地域の事例についても解説】

脱炭素先行地域について 脱炭素先行地域とは、2050年のカーボンニュートラル達成を目指し、家庭や業務などの民生部門の電力消費に伴うCO2排出量を実質ゼロにする地域です。また、運輸部門や熱利用などを含む他の温室効果ガスの排出削減も、2030年...
COLUMN

今さら聞けない「オフグリッド」とはなにか?【北海道のオフグリッドの可能性について】

北海道におけるオフグリッドシステムの基本情報 オフグリッドとは、電力会社の送電網に依存せず、自家発電システムを利用して電力を供給することを指します。特に北海道のような寒冷地では、安定した電力供給が重要であり、オフグリッドシステムはその解決策...
COLUMN

「北海道の飲食店オーナー必見!簡単に始める感動の省エネガイドでエネルギーコストを大幅削減」

北海道の飲食店向け省エネガイド はじめに 北海道の飲食店では、省エネ対策が非常に重要です。寒冷地ならではの課題もありますが、適切な対策を講じることで、エネルギーコストの削減と環境保全を同時に実現できます。この記事では、具体的な省エネ対策を初...
COLUMN

系統用蓄電池の完全ガイド【北海道で系統用蓄電池が増えている理由】

系統用蓄電池の完全ガイド:基本から専門的な利用まで 1. 系統用蓄電池とは? 系統用蓄電池は、電力系統に直接接続された大型の蓄電装置です。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源から生成された電力を貯蔵し、需要が高い時間帯や供給が不足...
COLUMN

新電力の部分供給が廃止!?【新電力と地域電力の供給方式はどのように変わるのか?】

制度廃止の方針発表 経済産業省は、2024年3月29日に電力・ガス基本政策小委員会という有識者会議で、以前から一般電気事業者が新電力会社へ行っていた「部分供給」というサービスを終了する方針を発表しました。 部分供給とは この「部分供給」とは...
COLUMN

【2024年度の再エネ賦課金が決定!】今さら聞けない?再エネ賦課金とは?

再エネ賦課金とは? 経営を行う上で、電気料金は避けて通れない経費の一つですが、その内訳を詳しく見たことはありますか?今回は、再エネ賦課金の仕組みについて解説していきます。 再エネ賦課金の導入 再エネ賦課金の正式名称は「再生可能エネルギー発電...
COLUMN

【2024年4月北海道が値上げと燃料費等調整単価を改定!】北海道エネルギーコンサルが解説

北海道電力株式会社の価格改定について 2024年4月1日より北海道電力株式会社の電気料金改定が施行されます。今回は、2024年4月より電気料金がどのように変更されるのかを解説させていただきます。 電気料金が改定に至った理由 今回の見直しの理...
COLUMN

2024年4月から新電力が値上がり!?【北海道のエネルギーコンサルが仕組みを解説】

容量拠出金とは何か?その目的と仕組み 容量拠出金とは? 容量拠出金は、電力供給の安定を確保するために電力会社(新電力会社を含む)が支払う費用です。特に夏の暑い日や冬の寒い日など、電力の需要が急激に増加するピーク時に備え、十分な発電能力を保持...
COLUMN

世界の方向性が見える【COP28の結果報告】

国連の気候変動に関する会議【COP28】の概要 パリ協定では、世界中の約200カ国が協力して地球温暖化を防ぐための炭素排出削減に取り組むことを約束しました。この取り組みと新しい規則について議論するため、国連の気候変動に関する会議(COP28...
COLUMN

北海道電力が低圧の力率割引・割増を廃止!【今さら聞けない力率ってなに?】北海道のエネルギーコンサルが解説

力率とは? POINT!! 力率は電源からの電力と実際に消費された電力の関係を表します。 効率は電力がどれだけ損失なく使われたかを示します。 力率と効率は異なる概念で、両方が高いほどシステムは効率的に動作します。 力率の基本概念 皮相電力と...
COLUMN

【GX=グリーントラストフォーメーションとは何か?】札幌市がGXへの投資推進!

札幌市のGXへの取り組み 札幌市は、脱炭素社会への移行を支援するための取り組み、「GX(グリーントランスフォーメーション)」への投資を促進する目的で、専門の推進本部を設立しました。秋元克広市長は、全庁をあげて効果的な政策を集結し、国への提案...
COLUMN

洋上風力とは何か?仕組みとメリットを分かりやすく解説!【北海道に洋上風力が建設される理由】

日本のエネルギー自給と再生可能エネルギーへの転換 日本のエネルギー自給率は低く、これまでのエネルギー政策は大量の輸入に依存していました。しかし、2011年の福島第一原子力発電所事故の影響で、国内外からのエネルギー供給に対する見直しが迫られ、...
COLUMN

北海道の企業における物流業界の脱炭素化への取り組み

北海道の企業は、広大な地理的特性を活かしつつ、物流業界における脱炭素化への取り組みを進めることが重要です。以下に、地域の特性を考慮した脱炭素化の方法を紹介します。 1. 電気自動車(EV)や水素燃料車の導入 北海道では、広い地域にわたる輸送...
COLUMN

COP28が開催【いまさら聞けないCOPとは?】岸田首相のコメントも公開

COP「Conference of the Parties」とは? COP「Conference of the Parties」は、国連気候変動枠組条約(United Nations Framework Convention on Clim...
COLUMN

北海道電力が2024年度から常時バックアップ廃止へ【常時バックアップってなに!?】

「常時バックアップ」とは、新電力が電力を供給する際に、旧一般電気事業者から継続的に電力を購入する制度です。2016年4月1日の電力小売自由化以降、このシステムが重要になりました。 常時バックアップの目的 新電力が電力市場に参入する際、自社の...
COLUMN

カーボンフットプリントとは何か?北海道のエネルギーコンサルが分かりやすく解説

カーボンフットプリントとは:ビジネスへの影響 カーボンフットプリントは、貴社の製品やサービスが環境に与える影響を定量的に表す指標です。具体的には、製品の生産から廃棄に至るまでのライフサイクル中に排出される二酸化炭素(CO2)やその他の温室効...
COLUMN

北海道におけるブルーカーボンの取り組みとその重要性

ブルーカーボンとは何か? 私たちの地球は、陸地だけでなく、広大な海によっても形成されています。この海が、地球の気候を守るために重要な役割を果たしているのをご存知ですか?ここで重要なのが「ブルーカーボン」という概念です。ブルーカーボンとは、海...
COLUMN

省エネ法の改正ポイントを簡単に説明【北海道のエネルギーコンサルが解説】

イントロダクション 環境への関心が高まる中、企業や個人がエネルギー使用を見直す動きが加速しています。2023年4月に施行された省エネ法の改正は、そんなエネルギー消費行動に直接影響を与える重要なポイントが含まれています。本記事では、改正点をわ...
COLUMN

潜熱回収型ボイラーとは?エネルギー効率を革新する設備の全て

近年、ビジネスの現場で「エネルギー効率」が重要なキーワードとなっています。特に、業務用ボイラーの分野では、潜熱回収型ボイラーが注目を集めています。では、このボイラーは従来のものと何が違うのでしょうか?そして、そのメリットは実際にどのように私...
COLUMN

空調機清掃で実現する省エネと長寿命:の完全ガイド【エアコンを効率良く使う工夫】

はじめに 夏の暑さを快適に過ごすためのエアコン、冬の寒さを和らげる暖房器具、これら空調機は私たちの生活に欠かせない存在です。しかし、これらの機器が最高のパフォーマンスを発揮し続けるためには、定期的な清掃とメンテナンスが不可欠です。このガイド...