北海道の独自補助金【中小・小規模企業省エネルギー環境整備緊急対策事業助成金】を徹底解説

エアコン入替のイメージ

北海道の中小・小規模企業にとって、エネルギーコストの削減は重要な課題です。特に近年のエネルギー価格高騰は、企業経営に大きな影響を与えています。そこで、北海道は「中小・小規模企業省エネルギー環境整備緊急対策事業助成金」という独自の補助金制度を導入し、企業の負担軽減と省エネルギー化を推進しています。本記事では、この補助金制度の概要、申請方法、対象となる設備、具体的な事例を詳しく解説します。

目次

  1. 補助金制度の概要
  2. 申請方法と手順
  3. 助成対象となる設備
  4. 補助金の交付期間とスケジュール
  5. 補助対象となる事業者の詳細
  6. 成功事例の紹介
  7. 結論:お問い合わせのご案内

1. 補助金制度の概要

「中小・小規模企業省エネルギー環境整備緊急対策事業助成金」は、エネルギー価格高騰の影響を受けている北海道内の中小・小規模企業等の負担軽減を目的とし、省エネルギー化に資する設備の導入を支援するための補助金制度です。以下にその主要な特徴をまとめます。

主な特徴

  • 対象企業:北海道内に本店または事業所を有する中小企業、協同組合、特定非営利活動法人など
  • 助成率:エネルギー消費量を10%以上削減する設備導入に対し、条件に応じて経費の1/2または3/4を助成
  • 限度額:助成金の限度額は最大100万円

目的

  • エネルギー価格高騰の影響を受けた企業の負担を軽減
  • 省エネルギー化を促進し、環境負荷を低減

2. 申請方法と手順

助成金の申請は、北海道が設置する「北海道中小・小規模企業省エネルギー環境整備緊急対策事業助成金インターネット申請システム」を通じて行います。以下に申請手順の概要を説明します。

申請手順

  1. 事前準備
    • 必要書類の収集(見積書、カタログ、過去の売上高の証明書類など)
    • インターネット申請が困難な場合は、郵送による提出も可能
  2. 申請書類の提出
    • 助成金交付申請書
    • 誓約書
    • 必要な証拠書類(見積書、設置前の写真、売上高の証明書など)
  3. 審査と交付決定
    • 提出された書類を基に事務局が審査
    • 助成金の交付決定通知を受けた後、設備の導入を開始
  4. 実績報告
    • 設備導入後、支払い証明書や設置後の写真を提出
    • 事務局による確認後、助成金の額が確定し、交付される

3. 助成対象となる設備

助成対象となる設備は、エネルギー消費量を年率10%以上低減することが見込まれるものに限られます。具体的には以下のような設備が対象となります。

対象設備の例

  • 高効率空調設備:最新のエネルギー効率の高い空調設備
  • LED照明:従来の照明をLEDに交換
  • 高効率ボイラー:省エネルギー型のボイラー
  • 断熱材:建物の断熱性能を向上させるための材料

また、既存設備の入替えであることや、中古品でないことも条件となります。

4. 補助金の交付期間とスケジュール

補助金の交付期間やスケジュールは以下の通りです。

実施期間

  • 助成金の実施期間:助成金の交付決定日以降。ただし、特別な承認がある場合は令和5年12月14日以降の事業着手も対象となります。

スケジュール

  • 申請期間:申請は3回の募集期間に分けて行われ、それぞれの受付期間は別途北海道が定めます。
  • 審査期間:申請受付後、事務局が書類を審査し、交付決定の通知を行います。交付を認めない場合も通知が行われます。
  • 事業着手と実績報告:交付決定通知を受けてから事業を開始し、事業完了後は実績報告書を提出します。

5. 補助対象となる事業者の詳細

補助金の対象となる事業者にはいくつかの条件があります。以下に具体的な要件を説明します。

対象事業者

  • 中小企業基本法に規定する中小企業者:北海道内に本店(個人事業主は住所)を有する者
  • 協同組合:中小企業等協同組合法に基づき設立された事業協同組合、信用協同組合など
  • 特定非営利活動法人(NPO法人):従業員数が300人以下であり、北海道内に主たる事務所を有する法人

除外対象

  • みなし大企業:発行済株式の過半数を大企業が所有するなど、実質的に大企業とみなされる企業
  • 公的機関:国および自治体等の公的機関
  • 暴力団関係者:暴力団やその関係団体に該当する者
  • 宗教上の組織および政治団体:宗教団体や政治団体は対象外

経営状況の要件

  • 売上高の減少:2022年1月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の売上高が2019~2021年の同3か月と比較して10%以上減少していること
  • 付加価値額の減少:2022年1月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の付加価値額が2019~2021年の同3か月と比較して15%以上減少していること

6. 成功事例の紹介

実際に「中小・小規模企業省エネルギー環境整備緊急対策事業助成金」を活用して成功した企業の事例をいくつかご紹介します。

事例1:北海道札幌市の製造業A社

A社は、老朽化したボイラーを高効率ボイラーに交換することで、エネルギー消費量を大幅に削減しました。助成金の申請により、設置費用の75%が助成され、初期投資の負担が軽減されました。

事例2:北海道函館市の飲食店B社

B社は、店舗の照明を全てLEDに交換することで、年間の電気代を約30%削減しました。助成金により、LED照明の購入費用の半額が補助され、コスト削減に成功しました。

7. 結論:お問い合わせのご案内

「中小・小規模企業省エネルギー環境整備緊急対策事業助成金」は、北海道の中小・小規模企業がエネルギーコストを削減し、持続可能な経営を実現するための強力なサポートとなります。申請に関する詳細な情報やサポートが必要な場合は、株式会社totokaまでお気軽にお問い合わせください。

弊社では、補助金申請のサポートだけでなく、エネルギー効率改善のための具体的な提案も行っております。お問い合わせをお待ちしております。


この記事では、補助金制度の概要から申請方法、対象設備、スケジュール、対象事業者、成功事例までを詳しく解説しました。株式会社totokaは、皆様の省エネ活動を全力でサポートいたします。ぜひ、この機会にエネルギー効率改善を進めてみてはいかがでしょうか。